information

教会からのお知らせ

聖母の被昇天の福音と勧めのことば

2021年08月15日 - サイト管理者

♰主の平和

いかがお過ごしでしょうか。
コロナの感染者の急激な増加のため、本日からミサが休止となりました。
聖母の被昇天には、「生きたロザリオ」を行うことが高野教会の慣例になっていましたが、昨年に続いて今年もできません。
集まって祈ることはできませんが、祈りのうちに繋がっていたいと思います。
どうぞくれぐれもご自愛ください。

京都みんなで捧げるミサ 聖母の被昇天のミサの司式はユン神父様です。

■8月6日から15日まで、日本カトリック平和旬間です。今年のテーマは、「すべてのいのちを守ることこそ、平和をつくる」です。

カトリック高野教会

************************************

聖母の被昇天 福音朗読 ルカによる福音書(ルカ1章39~56節)

 そのころ、マリアは出かけて、 急いで山里に向かい、ユダの町に行った。 そして、ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。 マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、 その胎内の子がおどった。 エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。 「あなたは女の中で祝福された方です。 胎内のお子さまも祝福されています。 わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、 どういうわけでしょう。 あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、 胎内の子は喜んでおどりました。 主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、 なんと幸いでしょう。」
 そこで、マリアは言った。
「わたしの魂は主をあがめ、
わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。
身分の低い、この主のはしためにも
   目を留めてくださったからです。
今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう、
力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから。
その御名は尊く、
その憐れみは代々に限りなく、
主を畏れる者に及びます。
主はその腕で力を振るい、
思い上がる者を打ち散らし、
権力ある者をその座から引き降ろし、
身分の低い者を高く上げ、
飢えた人を良い物で満たし、
富める者を空腹のまま追い返されます。
その僕イスラエルを受け入れて、
憐れみをお忘れになりません、
わたしたちの先祖におっしゃったとおり、
アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」
 マリアは、三か月ほどエリサベトのところに滞在してから、 自分の家に帰った。

************************************

<勧めのことば> 洛北ブロック担当司祭  ユン・サンホ

 今日マリアは、神の天使に会った後、エリザベトに会いに出かけます。福音ではまるで隣の町を訪れるように、簡単に記録されていますが、マリアが住んでいたナザレから、エリサベトがすんでいたアインカリムまでは、130キロも超える大変遠い距離でした。今の時代の車で移動しても、3時間ほど、新幹線でも1時間くらいの距離です。

 歩いて行くと3日もかかるところであって、いくつもの峠を超える険しい困難な道であったそうです。マリアのように若い女の人にとって、かなりしんどい旅路だったと思いますが、どうしてこのような険しい道をマリアは旅に出たのでしょうか。

 マリアとエリサベトの出会いは、単純に妊娠した二人の女性の出会いではありません。まさに胎内にいる子供たちの出会いが核心です。つまり ヨハネとキリストの出会いであります。

 この出会いは神の摂理で、成し遂げられた古い契約と新しい契約の驚きの出会いであるといえます。「聖霊に満たされ」胎内のヨハネは、キリストに気づいて喜び踊ります。従って、「聖霊に満たされ」て、キリストに気づく人、キリストを告白するすべての者は、「第2のヨハネ」になります。

「第2のヨハネに」なった人の特徴は、何よりも「喜び」であり、さらに、その人の使命は「キリストを準備すること」です。キリストに一番先に出会った者は、マリアでした。エリサベトの叫びを通して見られるように、胎内の子キリストのおかげで、マリアは「一番幸せな女」になります。その幸せは、「主がおっしゃたことは必ず実現すると信じた」、「信仰」によるものだったのです。

 また、その信仰は、「マリアの賛歌」を通して、万人のための祈りとして鳴り響いています。キリストともうすでに出会った私たちの人生には、どれほど大きな喜びがあるのでしょうか。ヨハネとマリアのように、キリストと出会った者たちの初めての反応は、「喜びと幸せ」でなければなりません。そうでなければ、今、自分の信仰を振り返ってみてはどうでしょうか。

 今日の福音の二人の対話は、賛美と感謝です。今日の福音が伝える「マリアの賛歌)」は、名も無い田舎の二人の婦人、16歳のマリアと60代のエリサベトの出会いを通して、身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださる、身分の低い者を高く上げる神様を賛美することです。

 今の私たちも同じく、神様に感謝と賛美ができます。イエス様を通して大切な子供となり、神の国を約束されたわけです。そして、マリア様がいつも私たちのもとに来てくださり、見守ってくださいます。いつも私たちが天国に導かれますようにマリア様の取次ぎを願いましょう。

お知らせに戻る

ミサの時間

毎週 10:00~
毎週 10:00~
毎週 10:00~

ミサは一般の方もご自由にご参加頂けます。はじめての方はご案内いたしますのでお声がけください。